スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアクリ清掃

2011/05/29 Sun

先日といっても1ヵ月くらい前にしたんですがエアクリの清掃に挑戦しました

このバイクを買って約1年で1万キロほど走りましたがオイル交換はおよそ3000kmごとにしてたもののオイルフィルター、プラグ、エアクリには一度も手をつけていないことに気付いたので一番お手軽に触れそうなエアクリ清掃から着手することにしたのです
HI3E0009_convert_20110528135955.jpgHI3E0006_convert_20110528135818.jpg

続きを読む

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

XJR400R リアサス交換

2011/04/23 Sat

先日ちょっとやらかしまして左リアサスからオイルがボトボト垂れるようになってしまいました

HI3E0015.jpgHI3E0013.jpg

↑見るからに曲がってますね…そりゃオイル漏れますわw

で、かかりつけのレッドバロンで修理費見積もってもらったら左リアサス丸々交換しないといけないようで
ヤマリンズ 44400円
工賃 1500円程度
と言われたので『保留で』と言って後にしました
だってそれくらいのお金をかけたら純正よりいいサスありそうじゃないですか?

続きを読む

テーマ : 改造日記
ジャンル : 車・バイク

XJR400R ステップバー交換 ~後期型~

2011/03/08 Tue

以前、バイクで転倒して修理・塗装したことを書いたんですがそのときステップバーも交換しました。

転倒によって右側のステップバーの先端部分が削れてしまいました。
101001_1026_03.jpg

せっかく交換するんだから純正→純正では面白くないので社外品のステップに交換しようともくろみました。
バックステップに交換することも少しは考えたんですが長距離乗ることが多く体勢がツラくなるんじゃないかと思いステップバーのみの交換にしました。(というよりバックステップ高すぎw)

で、タンデムステップのデザインに似ていて統一感出るかなと思いハリケーン製のステップバーをチョイスしました。
hirochi_hf5103a-01.jpg

商品説明の適合表やパッケージにはこのような記載↓
110308_1343~01

僕の乗ってるXJRは02年式なんですが注文前に前期型と後期型のステップバーを見比べたんですが違いが分からずそのまま注文したんですがやっぱり取り付け時に問題が発生しました。

写真じゃちょっと見づらいんですが↓が前期型(左)と後期型(右)のステップ付近の写真
101003_1325_01.jpg101003_1325_02.jpg


~00年式のステップはタンデムステップと一体型のステップステーを使っていてステップバーはピンで留まっているので取り外しが可能なんですが、それ以降の個体はタンデムステップと分離しててステップバー自体ステーにかしめで留められてるので、修理で交換するにしてもステーごとステップを交換するしかないらしいです。

でも、ステップバーを買ってしまっていたので自分ではどうにも出来ず困り果てて行きつけのレッドバロンへ持ち込み(汗
結構な無茶ブリでなんとかなりません?ってお願いしたら上手くいく保証は出来ないけどやってみますってことでちょっと手術
101002_1437_01.jpg

かしめを壊してボルトとナットで固定↓
101002_1636_01.jpg

一応振動や体重が乗ったり負荷がかかりやすく外れると危険なパーツなので緩みを防止するナットをつけてもらいました。
作業費は1600円ちょっとかかったのかな?

使い勝手の方は純正より少し短くなったけど足全部乗っかるし滑り止めの山もしっかりしてるので全然滑らずいい感じです。
スプリングも強化スプリングを使ってるので跳ね返りがすごいです(どういう効果を狙ったものかわかりませんw)

これで小さいけどおそらく誰もしてないであろうカスタムが出来たわけですよw
でもまぁこれから01~のXJR乗ってる人でステップを交換するのなら素直にバックステップにした方が簡単で安全だと思いますよ。

バイクの変貌

2011/01/20 Thu

今年に入ってまだ初日の出の記事しか書いてなかったので久しぶりになにか書いてみようと思います。

ここ数回アニメに関した記事ばっかり書いてたような気がなんとなくしたので今回はバイクに関する記事を1つ。

このブログで初めてバイクについての記事を書いたバイク経歴記事とその次にバイクについて書いたアンダーカウル装着記事でバイクの車体の色が変わってしまっているわけについてお話ししましょう。

2010年4月XJR400Rを購入当初は見てわかるようシルバーでした。
購入当初

そもそも免許を取った帰り道バイク屋に立ち寄って探してもらった条件と言うのが2001年式以降の後期型XJR400で出来るだけノーマルに近く価格は乗り出し50万円以下で色はなんでもいいというものでした。
なぜ色にこだわりがなかったのかというと赤系(特にキャンディレッド)のバイクに乗りたかったんですが後期型XJR400には赤系の設定がなかったので後々全塗装するつもりだったのです。

いいバイクが見つかり納車後すぐ全塗装したかったのですが納車1週間後にGWが控えている状況せっかく買ったばかりのバイクがあるのに乗らない訳にいかずそれからしばらくいい天気が続いていたので時間ができるたびに乗っていたので塗装に出せる時間がなく第一お金もありませんでした。

そうこうしているうちに夏休みに入り実家が富山にあるのでバイクで里帰りを敢行。
帰省翌日に城端・白川郷を巡るソロツーリング(これについてはいつか書く予定)をしその帰りに砺波平野の散居村で撮った↓の写真がシルバー時代の最後の綺麗な姿でした…
16486186_540971257_215large.jpg

砺波から実家のある富山市内に帰る途中家から数キロ離れたGSでガソリンを満タンにしだいぶ見慣れた道を走ってる最中なんでもない信号機のある交差点で起きてしまいました…

センターラインがないけど交通量の多い道、日も暮れ全車ライトオン前方の信号は青信号で対向車が連なってるなぁ等と考えながら交差点に進入しようとしたところ突然の右折車!
横断歩道の手前あたりで車を発見したんですが50~60キロのスピード(制限速度10~30キロオーバー)を出してたのでぶつかると思い急ブレーキ
運悪く滑りやすい横断歩道の上でフロントがロックしてしまい転倒し自身は2,3回道路を転がりバイクは右側を下にして起き上った地点の5メーターくらい先に横たわってました。

幸いにも右折車との接触は避けることができたのはよかったです。
それにこちら側の後続車もいなかったので2次災害もなく最低限の事故ですみました。

交差点のど真ん中で寝ころんでしまっていたので転がりがとまった直後すぐに立ち上がり腕や足などすべての関節が正常に動くことを確認したあと交差点の隅の方で横たわっていたバイクを引き起こし交差点角の空きスペースへ避難

事故のきっかけになったドライバーはいい人で接触してないから逃げてもよかったはずなのに警察に連絡までしてくれてそのおかげで事故の修理もその方の保険を使わせてもらえました。

ビキニカウルやメーター、ステップ、エキパイ&マフラーなど右側面にダメージは集中し、それゆえに修理見積もりで車体価格に近い金額が出てしまいました。
あまり気にならないような小キズでも修理見積もり出したので直さない部分も出てきて多少お金が余る見込みになりさらにサイレンサーが社外品で修理に数週間かかる見込みが出たのでそのバイクに乗れない期間を利用して念願の全塗装をすることにしました。

16486186_614057611_147large.jpg
↑塗装が終了しバイク屋に外装を持ち込んだときの写真(※サイレンサーはこの日届きました)

バイクが完治し外装も再装着し退院当日↓
16486186_625619652_254large.jpg

キャンディレッドがよかったけど色褪せしやすくて料金も割高になるのでそれはやめてメタリック系でそれに近い色をということで4輪ホンダのファイヤーレッドパールという色を塗りました。
太陽の下に出るとメタリック系の色にしては限りなく理想の色です。
きっかけはどうであれ思わぬ形で当初乗りたかったバイクに乗れるようになりバイクライフがいっそう楽しくなりました。
修理が終わったのが9月後半で夏休みもとうに終わってしまっていたのが残念でしたが。



と、いうわけで久しぶりの記事はバイクの色が変わった由来でした。
長々と読んでくれた方はありがとうございました。

アンダーカウル装着

2010/12/06 Mon

竹原日記まだ書き終わってないけどバイク日記なんて長いこと書いてないじゃなイカ!

ということで今日は可愛い可愛いXJRちゃんの日記を書こう

以前からドレスアップ目的でアンダーカウルが欲しいと思ってました
XJR400用と言うと以下の4種類がネットで検索すると簡単に出てくるんだけど
①ヤフオクでよく見かける前輪に近いところに底のないちょこんとしたタイプ
②コワース製で攻撃的なデザインで本来の用途であるオイルキャッチ機能のある車体下部を覆い尽くすタイプ
③マジカルレーシング製のデザインはおとなし目でコワース同様下部を覆い尽くすタイプ
④JOKERSというお店が作ってる大柄で低く長いこれも覆い尽くすタイプ
(※すべてブログ主のイメージで書いてますw)

車体下部を覆い尽くしたかったから①は即却下
②は目指すバイクの方向性と違ったので却下
③はちょっと好みだけど画像が少なくて決定打は出ず
さらに①~③はバイク仲間が既に着けてるので出来れば避けたいというワガママw
その中で④はデザインが好みだし兵庫の三木市のショップが作ってるので実物を見に行くことに

事前にmixiで④のJOKERS製の情報を集めるとフレームの近くで横に張り出しすぎてて擦って擦り傷が着きやすいらしいとのことで着けてる人の画像を見ると白ゲルであるがゆえ目立つ部分にたくさんの擦り傷が(汗

実際見せてもらっても張り出し具合が気になり即決できず好みのデザインで擦ってもあまり目立たないであろう黒ゲルの設定がある③のマジカルレーシングにしようかなと決めかけてた時XJR仲間の1人に聞くとオリジナル製品を作ってる小さなショップなら作ってもらえるんじゃないかとのことで福岡にあるレオパルドさんを教えてもらいました

XJR400用は作ってもらえないか問い合わせしたんですがさすがにそれは無理とのこと
レオパルドさんのアンダーカウルがカッコよかったのでその後も色々やり取りしているとZRX1200用が一番幅が狭いしプラスチックだから多少は曲がるので装着できるかもしれないと言われたのでダメもとで注文

あてがってみてカウルの方が少し横幅があったけど装着可能と踏み取り付けを決意
製品には取り付け穴がないのでタミヤの600円ほどのコンパクトなピンバイスで穴をあけて装着

アンダーカウル 装着 3 アンダーカウル 装着 4

まるでXJR400専用みたいなフィット感!
ちょっと気がかりだったサイドスタンドの逃げも無加工でこの通り

アンダーカウル 装着

最初自分では気にしていなかったけど人に言われて気づいたカウルの後端部
リアタイヤに結構近いけどまぁ当たることなんてないでしょう

アンダーカウル 装着 1

仮合わせ時に一番フレームとの隙間が大きくて最悪パテで加工しようと思ってたフロント部もネジで締め付けられてほぼ気にならない程度に

アンダーカウル 装着 2

これが汎用じゃなく400の他車種用でもなく車格の違う1200用だなんて信じられない


ですが、ありました。他車種用であるがゆえの問題点が1つ…

カウルが上下方向に大きく最低地上高が下がり3cmケツ上げしてるんですが路面のうねりやマンホールなどで擦りやすくなってます(汗
実はこの記事に載せた画像は既に右側面下部に大きな擦り傷があるんですが形状が良かったのかあまり目立ちません
本当はボディ同色に塗ろうと思ってたけど剥げると目立ちそうだし黒ゲルだからそのままでも気にならないのでこのまま未塗装でいこうと思います

ちょっと路面の整ってない山へ頻繁にそして激しく攻める方には少しおすすめ出来ませんが街乗り重視や見た目重視の人には取り付けも難しくないですしいいんではないでしょうか?


ちなみに気になるお値段は…

アンダーカウル 20000円
取り付け金具 5000円

取り付け金具は使わないといけない訳ではない(結束バンドで固定もできる)ので最低2万円あれば着けれちゃいます
そう考えると車体下部を覆うタイプでは一番安いんじゃないでしょうか?

こういうチャレンジってやってみるもんですね
これでより一層自分のXJR400Rに愛着が湧きました
次はどんなパーツ着けよっかなぁ笑

プロフィール

棚からしり餅

Author:棚からしり餅
現在大阪で放送中のアニメの9割ほど何らかの形で視聴しています。
バイクにはXJR400Rに乗っていて自分だけのバイクを作ろうとちょくちょく手を加えてイジってます。
バイクによる舞台探訪も時より行っていて涼宮ハルヒの憂鬱の舞台の西宮にはよく訪れます。
twitterはTanashiri mixiでは棚からしり餅というアカウントです。(たまにアカ名は変わることもありますが…)

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。